男は辛いよ(ダイエット編)

1年半の遠距離恋愛を経て、無事に結ばれた私たち。
栄養士免許を持つ私は、旦那さまのために体に良い朝ご飯と晩おなご飯をせっせと作ってきました。
結婚して2か月が経った頃、旦那さまから衝撃告白が…「結婚してから2kg増えました…。」
よかれと思って作ってきた美味しい晩ご飯は、帰宅時間外遅い旦那さまには逆効果だったようで、
ショックでたまらない私は、さっそく旦那さまダイエットを決行しました。
筋トレやストレッチは別途がんばってもらって、
主菜・副菜・炊きたてご飯で揃えていた晩ご飯を辞めて、きのこダイエットです。
それはもうたーっぷりのきのこ数種類と、もやしや玉ねぎあアルミホイルで包み、お酒だけで蒸してメイン完成。
旦那さまの大好きなポン酢で召し上がっていただきます。
あとは日替わりで白和えや切り干し大根など、ちょっとしたおかずをつけて晩ご飯完成です。
旦那さまは白ご飯が大好きなので、まさかこのメニューを自ら提案してくるなんて夢にも思いませんでしたが、
食べたあとお腹空いた空いたと言いながらも、我慢している姿は、涙なしでは見ていられません。
そんなある日、旦那さまのお父さんが、出張でこちらにいらっしゃるとのことで、一緒に食事をすることになりました。
割りといい雰囲気の海鮮居酒屋で、いかの姿造りやサラダ、枝豆や鶏肉の鉄板焼など、
普段のきのこ生活では食べられないものがたくさん出てきました。
まぁたまにはいいかなと思っていましたが、よく考えたらノンアルコールな訳がない。

ビール中瓶一本と、焼酎の五号瓶の半分ぐらいを飲み干し、ふらふらしながら帰宅しました。
その日は酔っぱらってすぐに寝てしまったので、翌日の朝やってしまったことに気付いたのか
「今日、きのこ少な目でいいから…」と彼なりに反省しているようです。
今日も私はせっせと、たくさんのきのこをアルミホイルにスタンバイして、旦那さまの帰りを待っています。


スイーツを自分で作ってみる

テレビでデコレーションされたパンケーキについての特集が放送されていました。
1人分のパンケーキが二千円という有名店の高いメニューを紹介していたのですが、
デコレーションされたフルーツのボリュームがかなり素晴らしく、自分でも作りたくなってしまいました。

 

必要となる材料も細かく説明していて、材料の分量や混ぜ具合、焼き加減なども隠さずに披露していました。
これだけの情報があれば自分でもどうにか作っていけそうです。

 

テレビで分かった情報にプラスして、料理本に載っているパンケーキのレシピを見てみると、
分からないことは全て解消されたのです。

 

そして、近くの食品スーパーに行って材料を集めてみました。
リストアップした材料のほとんどを確保することができましたが、新鮮なフルーツに関しては見つからなかったのです。
近くの野菜を回っても良いものが見当たらなかったので、缶詰のシロップ漬けにされたフルーツを使う事にしました。

 

生地の混ぜ具合や焼き加減、メープルシロップのブレンドなど、
できるだけ本格的なレシピに沿うように努力したのです。
焼き上がりとシロップのかかり具合から見るとかなり本場のパンケーキのように見えます。そして食べてみたのです..

 

「おや?かなり市販のケーキの味になっている..」

 

ケーキ屋さんから買ってきたスポンジケーキの味がするのです。
ちゃんとしたレシピを参考にしたにせよ、この味が自分で作れるとは結構驚きでした。
レシピさえ間違えなければ、素人でもそれなりのものが作れると自信になったのです。

 

今回のパンケーキは、フルーツ類がシロップ漬けでちょっと甘すぎたので、次回はもう少し改善してみます。


更新履歴